町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

日々の活動 記事一覧日々の活動

議員提出議案第7号「新型コロナウイルス感染症対策についての決議」が全員一致にて、可決されました

2020.05.07(木)

 本日午前10時に、町田市議会臨時会の本会議が開議されました。
 そこで、議員提出議案第7号「新型コロナウイルス感染症対策についての決議」が全員一致にて、可決されました。
 内容は、下記のとおりです。
 「全国各地で、新型コロナウイルスが猛威を振るつている。この未曽有の危機に当たり、医療の最前線で昼夜を聞わず戦っている医療従事者及びその関係者、市民の生命及び財産を守り、生活を支えるために日々奮闘する関係者及び市職員に対し、感謝を申し上げる。
 町田市議会新型コロナウイルス感染症対策会議において、緊急事態宣言発令による地域経済の急激な減速に対応するため、速やかに実施されるよう下記のとおり市長へ要望する」。

岩波、中公、講談社現代新書の新書御三家

2020.05.06(水)

 一昨日の拙ウェブサイトにも掲載しましたが、読書人にとって新書や文庫は、とてもありがたいアイテムです。そのうち、新書は日本の発明だそうですが、岩波、中公、講談社現代新書の新書御三家には、特にお世話になりました。
 写真の3書は、特に印象に残っているものです。
 写真に載せられなかった『アラビアのロレンス』は、こちらです

明けない夜は、ありません!その日まで、頑張りましょう。

2020.05.05(火)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、安倍首相は昨日「緊急事態宣言」を、今月末まで延長いたしました。
 町田市は、ゴールデンウィークにもかかわらず、新型コロナウイルス関連の各種お問い合わせ窓口のウェブサイトを更新しています。こちらは、5月2日に更新された分です。
 明けない夜は、ありません!その日まで、頑張りましょう。

安丸良夫の『神々の明治維新』(岩波新書)

2020.05.04(月)

 今年は明治元年から152年目に当たりますが、明治初年の神仏分離と廃仏毀釈とはいったいに、どのようなものだったのか、それが知りたくて読んだのが、安丸良夫の『神々の明治維新』(岩波新書)です。
 たとえば、天皇がはじめて伊勢神宮に参拝したのは、明治二年のことだそうです。これは、天皇が神社崇拝の範を示すことで人々の宗教意識の神道化を促す意味が込められていたというのです。

町田市は、5月1日からマイナポータルを通じたオンラインでの受付を開始しています

2020.05.03(日)

 全国すべての方を対象として一律10万円の現金が給付される、特別定額給付金の申請を町田市は、5月1日からマイナポータルを通じたオンラインでの受付を開始しています
 オンライン申請は、マイナンバーカードをお持ちの方が対象となります。なお、マイナポータルへのログインには、ICカードリーダーやマイナポータル対応のスマートフォンが必要です。
詳しくは、マイナポータルにてご確認ください。

毎日約3,000人あまりの患者さんが輸血用血液を必要としています

2020.05.02(土)

 そこで、まちだ献血ルームcomfyにて、血漿の成分献血をおこなってまいりました。数えて、255回目です。
 いつものように、連鶴が迎えてくれました。武田さん、ありがとうございます。

町田市では、新型コロナウイルス感染症対策事業438億6,766万円

2020.05.01(金)

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、政府によって一律10万円給付される緊急経済対策を盛り込んだ、総額25兆6,914億円の今年度補正予算が、昨日可決いたしました。
 町田市では、新型コロナウイルス感染症対策事業438億6,766万円が計上された、補正予算を審議する町田市議会臨時会が、5月7日に開議されます。

「町田市議会だより」最新号(216号)が、発行されました

2020.04.30(木)

 本日、「町田市議会だより」最新号(216号)が、発行されました。
 「新型コロナウイルス対策に関する意見書が全員一致で可決」の内容が、5面に載っています。
 8頁に、わたしが、第16期町田市議会改革調査特別委員会委員長に任じられたことが掲載されています。

PCR検査施設「地域外来・検査センター」

2020.04.29(水)

 新聞等でも報道されているとおり、町田市にドライブスルー方式のPCR検査施設「地域外来・検査センター」が稼働しました。
 かかりつけ医が、PCR検査が必要と判断した場合、地域外来・検査センターに情報提供の上、検査予約をし、検査の実施となります。
 町田市医師会のご協力の上、実施しています。医師会の皆様には、あらためて、感謝申し上げます!ありがとうございます。

妊婦の受け入れが可能と答えた病院

2020.04.28(火)

 新型ウイルスの感染拡大を受け、地方の病院で里帰り出産の受け入れを中止する動きが、広がっているそうです。
 そこで、東京産婦人科医会は、今月中旬、都内の病院に緊急でアンケートを実施し、妊婦の受け入れが可能と答えた128の病院をリスト化し、ウェブ上に公開しました。