町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

大学での活動 記事一覧大学での活動

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「宗教学」

2017.02.09(木)

【箇所】慶應義塾大学 文学部専門教育科目《面接授業》
【開講学期】2016年度 夜間スクーリング
【科目】「宗教学」[2単位]
【担当】正木 晃 講師
【レポート課題】21世紀後半の時点において、世界と日本の宗教事情は、(以下、略)。
【分量】2,500-3,000字程度

続きを読む

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「社会学(専門)」

2017.01.03(火)

【箇所】慶應義塾大学 文学部専門教育科目《面接授業》
【開講学期】2016年度 週末スクーリング
【科目】「社会学(専門)」生と感情の社会学{定員50名}[2単位]
【担当】社会学専攻 岡原 正幸 教授、高山 真 講師
【課題】自分史(アートベース・リサーチ、ライフストーリー)
【分量】3,000-5,000字程度

続きを読む

2016年度/70期生 慶應義塾大学通信教育課程 志望理由書

2016.12.19(月)

平成28(2016)年度4月1日入学 正科生
志望学部(類):文学部(第3類(文学を主とする))

明治45年竣工、三田キャンパスにある図書館旧館の八角塔

1)大学で何を学ぼうとしているのか、1,過去の学習経験、2,将来の展望、に触れながら、志望した学部(類)に関連させて述べなさい。(720字以内)

(1)1,筆者は、本年2月28日に57歳を迎えますが、学業生活の総決算として、貴学文学部通信教育課程への入学を強く希望いたします。

続きを読む

2014年度春学期 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 履修科目

2014.04.20(日)

修士課程<公共政策専修コース>
[単位数は、「論文指導」を除いていずれの科目も2単位]

「論文指導」片山 善博 教授:元総務大臣・前鳥取県知事)

続きを読む

2013年度秋学期 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 履修科目

2014.01.27(月)

修士課程<公共政策専修コース>
[単位数は、「論文指導」を除いていずれの科目も2単位]

「論文指導」片山 善博 教授:元総務大臣・前鳥取県知事)

続きを読む

慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻「憲法特殊講義」Ⅱ

2014.01.13(月)

【箇所】慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻
【開講学期】2013年度 秋学期[2単位]
【科目】「憲法特殊講義」Ⅱ統治機構の現実の理解に向けて
【担当】森永 耕造 講師〈人事院 給与局次長〉
【課題】これまでの講義を受けて、日本の官僚制について自身の思うところを述べなさい。
【副題】(筆者による):公務員の労使関係と基本権問題に関して
【分量】A4 1-2枚

続きを読む

慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻「憲法特殊講義」Ⅰ

2013.07.20(土)

【箇所】慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻
【開講学期】2013年度 春学期[2単位]
【科目】「憲法特殊講義」なぜ憲法改正か国家戦略を定めるために
【担当】中野 邦観〈読売新聞政治部元デスク/尚美学園大学元教授〉
【リポート題目】担当講師の著作「軍国主義と平和主義」を読んで
【指定字数】6,000-7,000字
※脚注はすべて省略いたしました

続きを読む

慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻「政治・社会論特殊研究」

2013.05.16(木)

【箇所】慶應義塾大学大学院 法学研究科 政治学専攻
【開講学期】2013年度 春学期[2単位]
【科目】「政治・社会論特殊研究」政治過程における民主主義の理論と分析Ⅰ
【担当】小林 良彰 教授〈慶應義塾大学大学院 法学研究科〉
テキスト:コリン・ヘイ『政治はなぜ嫌われるのか』−民主主義の取り戻し方(岩波書店、2012年)
Colin Hay,Why We Hate Politics,Cambridge,Polity Press,2007 訳:吉田 徹 教授〈北海道大学大学院 法学研究科〉
※脚注部分は省略

続きを読む

2013年度春学期 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 履修科目

2013.04.18(木)

修士課程<公共政策専修コース>
[単位数は、「論文指導」を除いていずれの科目も2単位]

「論文指導」片山 善博 教授:元総務大臣・前鳥取県知事)

《専修コア科目》(必修8単位)
「プロジェクト科目1・公共政策論」(小林 良彰、大山 耕輔、河野 武司、片山 善博 教授)

続きを読む

2013(平成25)年度 慶應義塾大学大学院 入学志願者調書(法学研究科 修士課程 秋期入試)

2013.04.01(月)

入学後の研究について
(テーマ、問題意識、研究計画)

【テーマ】「消防団を活性化させるにはどのようは方途をとるべきか」

【問題意識】
 消防団員数が減少していることが問題化されるようになってすでに久しいが、改善される傾向は一向にないどころか状況は悪化している。

続きを読む