町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

俳句 記事一覧俳句

『都市』第56号・2017年4月

2017.04.01(土)

ちやんちやんこ着てバスを待つ夕べかな
漱石忌卵落としてカリー食ぶ
風邪引の妻の味噌汁味薄し
ジャズピアノ聞きつ賀状の宛名書き
正月来ざふきんのなき家庭にも

『都市』第60号・2017年12月

2017.02.01(水)

ごきぶりを殺してのちの葬儀かな
飼犬の鼻の乾きや熱帯夜
何をしたでもなく迎ふ夏夕べ
都県境の橋渡りつつ秋覚ゆ
美しき人のきれいに汗をかく

『都市』第55号・2017年2月

2017.02.01(水)

媼一段おきに駆け上がる秋
服たたむにも癖があり秋の昼
なめこ汁唇にても味はへり
みの虫の茶は他とは違ふ茶色
飼主も犬も走るや冬ぬくし

『都市』第54号・2016年12月

2016.12.01(木)

白南風の髪の隙間を吹き抜けり
ジャズバーの打ち水をして店開ける
政談を好む子どもの夏休み
車椅子の手を動かすや盆踊り
糸瓜食むことなく五十七才に

『都市』第53号・2016年10月

2016.10.01(土)

小満や本読む眼(まなこ)休めをり
親指に体重を掛け岩魚釣
なすびなりとも端好む考(ちち)なり
好きな人隠しきれずに大花火
完璧な蟹股歩きやませ吹く

山中多美子選(『都市』54号11頁)

『都市』第52号・2016年8月

2016.08.01(月)

襟立てて花見の列に入り行けり
片想ひ独活の天ぷら噛みしめて
スカイツリーエレベータに蝶も乗り
短めに髪切らせゐる薄暑かな
遠くからジャズ聞こえくる麦の秋

『都市』第51号 「ジャズ」

2016.06.15(水)

 『都市』第51号での「趣味燦燦」欄に掲載されたものを、転載して掲出いたしました。

 趣味を広辞苑(第二版補訂版)で引くと、
1、感興をさそう状態。おもむき。
2、美的な感覚のもち方。このみ。
3、専門家としてでなく、楽しみとしてする事柄。
と記されています。

 いかにも、広辞苑らしい面白みに欠ける語釈ですね。そこで、新明解国語辞典(第七版)にお出ましを願うと、次のように記されています。
1、そのものを深く知ることによって味わえる、独特の良さ。
2、〔利益などを考えずに〕好きでしている物事。
3、〔選んだ物事や行動の傾向を通して知られる〕その人の好みの傾向。

 わたしの場合、俳句はまさしく新明解国語辞典の語釈にあるとおりの趣味なのですが、小稿では、ジャズを採り上げます。

 楽器は一切できないので、専ら聴くばかりです。聴くうちにわかってきたのですが、多くの方が指摘するように、ジャズとわたしの本来の職業である落語は親和性が高いのです。

 どこが似ているのかといえば、どちらも、テーマをおさえれば、あとは自由というところです。たとえば、「千早振る」という落語がありますが、これは、ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは、を珍妙に解釈する噺というテーマをおさえれば、あとは演者の自由です。ジャズも同じで、同じ曲でも、プレイヤーによって全く異なる曲調となることがしばしばあります。

 その際、双方で重視されるのが、即興性です。ジャズも落語もお客さんに左右される要素が、非常に大きく、会場に反応のよいお客さんが多ければ、演者は乗せられて、実力以上の力を発揮することがありますし、その逆となれば、惨憺たる結果と相成ります。

 それは、俳句とも通じるところがあって、荻野雅彦が、「『孤独』ほど俳句にとって縁のない言葉はないのではないか」というように、落語もジャズも、そして俳句も、そこに「座」がもうけられなければ、面白味のないものとなってしまいます。

『都市』第51号・2016年6月

2016.06.01(水)

マスクしてなほ美しく魅入るなり
山葵田の風に吹かれてガムを噛む
春浅し帽子いくらか深く下げ
薄氷を踏んで確定申告へ
見上げたる額に椿落ちきたる

『都市』第50号・2016年4月

2016.04.01(金)

寒星やメニューに見入る老夫婦
戦絶えざるどこまでも歩く熊
哲学するやうにカツ食ふ師走
人参と長さ同じや妻の足
成人の日や和服着てバスに乗る

『都市』第49号・2016年2月

2016.02.01(月)

トーストにバター多目に秋の朝
足袋だけは自分で洗ふ里祭
亡き父を傘に入れ行く野路の秋
新米をまづ愛でたのち箸運び
彼方なる軍艦認む北時雨