町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

俳句 記事一覧俳句

『季刊芙蓉』第50号・2001年冬

2001.12.01(土)

食いしばり歪め逝く弟の夏(★)
幽霊の弟と会う八雲の忌
痛む歯をそっと磨いて朝寒し
心づけ渡しそびれし夕月夜
取る気配なき電話聞こえて暑し
何でも冷蔵庫に入れる父逝く
秋うららカフスを嵌めて逢瀬かな
野分どの針も狂っている時計

『季刊芙蓉』第49号・2001年秋

2001.10.01(月)

狂うのも許されるなり花の夜(★)
元気だったと肩叩かれて復活祭
爪立ちて内緒話や夏初め
親が出てしどろもどろの熱帯夜
更衣どうしても目で追ってしまう
泣きながら盛夏の向田邦子展
一瞬の笑顔見るため会う孟夏

『季刊芙蓉』第48号・2001年夏

2001.07.01(日)

歳晩の壁カレンダーの跡白し
鴫どこまでも川面すれすれに飛ぶ
積む雪をじっと見ている座敷犬(★)
バレンタインデーちょっと間を置き取る受話器
形良きその手握って町うらら
大試験転がる消しゴム追いかけて
昇降機の階段見詰むる受験生(★)
吾がいびきに起きて見ている春の闇

『季刊芙蓉』第47号・2001年春

2001.04.01(日)

再会し視線合わさず秋黴雨
レモンの香な汝を思い出し歯を当てる
合わすでも逸らすでもない目十六夜
名前だけ正しく書けて新入生(★)
うた歌いつつ死にたい小春
片時雨振り返らない背を見詰め
襟立てて物干台で吸い煙草
漱石忌マドンナに貸す文庫本(☆)

『季刊芙蓉』第46号・2000年冬

2000.12.01(金)

炎昼の猫過ぎりけり露天風呂
迷ひ子も一瞬見上ぐ花火かな(★)
掌は蝶となりけり盆踊り
席一つ空け座る二人秋の風
お目当てと即かず離れず盆踊り
秋の虹瞼閉ぢればうかぶなれ汝
野球場肩寄す二人に放屁虫
砂漠にてひとり聴き入る秋の声

『季刊芙蓉』第45号・2000年秋

2000.10.01(日)

尻振って漕ぐ自転車や春の汗
貝柱箸でつつくや納税期(★)
図書館で辞書引く女子学生うらら
スタンドは白一色に夏来る
真夜中に書く恋文や夏嵐
いつの間に享年を過ぎ桜桃忌
恋う人が現れて音消ゆる朱夏

『季刊芙蓉』第44号・2000年夏

2000.07.01(土)

『罪と罰』新訳を手に三箇日
ウォシュレットに尻洗わせて初手水
靴下ろし背が高くなり初詣
初笑ひ隣の肩を叩く妻
水温むスケッチする手軽やかに
受験生一瞬を置きガッツポーズ(★)
ともに見る人は変りて梅の花
痛む歯でブラームス聴く春の夜
裾上げて歩く着物に春の雨

『季刊芙蓉』第43号・2000年春

2000.04.01(土)

走っても遁れても月追いかけ来
怪我癒えし寄席の楽屋やちちろ虫
呑み飽きてかくなるうえは黒ビール
もっこりとある満月なんだいたのか
寒月や戸を開けて常連探す
死ぬまでずっと爪を剪る冬の宵(★)
悴む手夫のポケットに入れて
落第の戻りて確かむ掲示板
二タ心なきダーリン彼女とクリスマス

『季刊芙蓉』第42号・1999年冬

1999.12.01(水)

いつ掛ける頭の上のサングラス
大夕立体に張り付く白いシャツ
その脚の長さに見惚れ梅雨明くる
EVIANのペットボトルに汗涼し
光りもの食べられぬ子の七五三(しめ)祝
黝々と幽霊船とも花火舟
理髪店貰ひあくびや秋の昼
わが子出づ泡立草の間から
柿だけは自分でむいて食べる父(★)

『季刊芙蓉』第41号・1999年秋

1999.10.01(金)

子供の日塀にボールをぶつけては
求婚とも思えぬ声や雄蛙