町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

大学での活動 記事一覧大学での活動

 多くの方から、大学や大学院に行かなくても、学問は書物によってももたらされる、という声を聞く機会があります。

 たしかに、そういう面もあります。

 けれど、ぼくは学問も、face to faceでなければ伝わらないものが少なからずある、と考えるのです。

 当然ながら、大学や大学院での学びは、公的活動の合間を縫ってのものですから、優先順位としては決して高いものではありませんが、それでも、それをおろそかにしているわけではありません。

 それとともに、学問各分野におけるbrush upが求められるのは、時代の要請でもあります。従いまして、らん丈は、自らの学びのため、そして、社会のためにも資するところがある、との思いで大学に通学し、学問を考究しているのです。

 当然ながら、その際の学費は、政務活動費ではなく、私費にて賄っておりますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「社会学史Ⅱ」

2019.03.05(火)

箇所:慶應義塾大学 文学部専門教育科目【通信授業】
科目名:「社会学史Ⅱ」〔市販書採用科目〕[2単位]
問題:➀テキスト(徳永恂・厚東洋輔編『人間ウェーバー』(有斐閣双書)を通読したうえで、➁テキストの末尾にある「読書案内」の「Ⅰウェーバーの主要著作」に挙げられている文献のなかからひとつを選んで読み(ただし、「新秩序ドイツの議会と政府」「ドイツにおける選挙法と民主主義」「二つの律法のはざま」は三つでひとつとする)、③その文献を要約したうえで、④その書物の視点から現代社会について論じなさい。
分量:4,000字以内

続きを読む

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「社会学史Ⅰ」

2019.03.04(月)

箇所:慶應義塾大学 文学部専門教育科目【通信授業】
科目名:「社会学史Ⅰ」〔市販書採用科目〕[ 2単位]
問題:➀テキスト(那須 壽編『クロニクル社会学』(有斐閣アルマ)を通読し、➁第1章から第17章までのうちであなたが関心をもった章をひとつ選び(序章をのぞく)、③その章の最後にある「読書案内」で挙げられている文献のなかからひとつを選んで読み、④その文献を要約したうえで、⑤その書物の視点から現代社会について論じなさい。
分量:4,000字以内

続きを読む

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「国語学各論」−さまざまな辞書たち-

2018.10.12(金)

箇所:慶應義塾大学 文学部専門教育科目【通信授業】
科目名:「国語学各論」−さまざまな辞書たち−[1単位]
著者:関場 武(慶應義塾大学 名誉教授)
問題:一般の国語辞典は、日本語の生え抜き話者を対象にしており、日本語を学ぶ外国人が学習のために使うには使い勝手が悪いところが多い。自分が、初級(初歩的な漢字を習い始めた段階程度)の日本語学習者であると仮定して、国語辞典を見直し、そのような点を見つけるとともに、どうすれば使い勝手をよくできるかを考えなさい。

続きを読む

「一橋大学大学院 国際・公共政策教育部 専門職学位課程 社会人特別選考」

2017.05.26(金)

「一橋大学大学院 国際・公共政策教育部 社会人特別選考 第2次試験(小論文)」平成22(2010)年9月に実施
〔公共法政プログラム〕問題(試験時間90分)

 国家公務員のいわゆる労働基本権(「団結権」・「団体交渉権」・「争議権」)の制限については、従来より様々な意見があるが、近時の国家公務員制度改革をめぐる議論の中でも、非現業職員について「団体交渉権」に含まれる団体協約を締結する権利が制限されていることに関し、検討が行われてきたところである。

続きを読む

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「宗教学」

2017.02.09(木)

箇所:慶應義塾大学 文学部専門教育科目【面接授業】
開講学期:2016年度 夜間スクーリング
科目名:「宗教学」[2単位]
担当者:正木 晃 講師
レポート課題:21世紀後半の時点において、世界と日本の宗教事情は、どのように展開しているか。世界と日本のそれぞれについて、自分の見解を述べてください。
指定分量:2,500-3,000字程度

続きを読む

慶應義塾大学 文学部専門教育科目「社会学(専門)」

2017.01.03(火)

箇所:慶應義塾大学 文学部専門教育科目【面接授業】
開講学期:2016年度 週末スクーリング
科目名:「社会学(専門)」-生と感情の社会学-〔定員50名〕[2単位]
担当者:社会学専攻 岡原 正幸 教授、高山 真 講師
課題:自分史(ライフストーリー;アートベース・リサーチ)
指定分量:3,000-5,000字程度

続きを読む

平成25(2013)年度 慶應義塾大学大学院 入学志願者調書(法学研究科 修士課程 秋期入試)

2016.12.19(月)

入学後の研究について
(テーマ、問題意識、研究計画)

【テーマ】「消防団を活性化させるにはどのようは方途をとるべきか」

【問題意識】
 消防団員数が減少していることが問題化されるようになってすでに久しいが、改善される傾向は一向にないどころか状況は悪化している。

続きを読む

平成28年度4月入学 慶應義塾大学通信教育課程 志望理由書

2016.12.19(月)

2016年度4月1日入学 正科生
志望学部:文学部 第3類(文学を主とするもの)

(1)大学で何を学ぼうとしているのか、1,過去の学習経験、2,将来の展望、に触れながら、志望した学部(類)に関連させて述べなさい。(720字以内)

1,筆者は、本年2月28日に57歳を迎えますが、学業生活の総決算として、貴学文学部通信教育課程への入学を強く希望いたします。

続きを読む

2014年度春学期 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 履修科目

2014.04.20(日)

修士課程 〈公共政策専修コース〉
[単位数は、「論文指導」を除いていずれの科目も2単位]

「論文指導」(片山 善博 教授;元総務大臣・前鳥取県知事)

続きを読む

2013年度秋学期 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻 履修科目

2014.01.27(月)

修士課程 〈公共政策専修コース〉
[単位数は、「論文指導」を除いていずれの科目も2単位]

「論文指導」(片山 善博 教授;元総務大臣・前鳥取県知事)

続きを読む