町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

大学での活動 記事一覧大学での活動

早稲田大学大学院 社会科学研究科「現代人権論」Ⅰ『選挙権』

2007.07.07(土)

箇所:早稲田大学大学院 社会科学研究科 政策科学論専攻
科目:「現代人権論」Ⅰ
開講学期[単位数]:2007年度 前期[2単位]
担当:後藤 光男 教授 (早稲田大学 社会科学総合学術院)
課題図書:樋口 陽一、山内 敏弘、辻村 みよ子『憲法判例を読みなおす』(日本評論社)

続きを読む

早稲田大学大学院 社会科学研究科「経営科学」Ⅱ課題リポート

2007.07.01(日)

箇所:早稲田大学大学院 社会科学研究科 政策科学論専攻
科目:「経営科学」Ⅱ
開講学期[単位数]:2007年度 後期[2単位]
担当:常田 稔 教授(早稲田大学 社会科学総合学術院)
常田教授は、早稲田大学大学院創造理工学研究科では、「効用理論」の担当教員でもあります。
課題:貴女/貴方は、文章を作成する際、どのような方法でデータやアイデアを整理・構造化しているか?
 その方法を具体的に紹介せよ。

続きを読む

早稲田大学大学院 社会科学研究科「現代人権論研究演習」Ⅰ『法令の先占理論』

2007.06.02(土)

箇所:早稲田大学大学院 社会科学研究科 政策科学論専攻
科目:「現代人権論研究演習」Ⅰ
開講学期[単位数]:2007年度 通年[4単位]
担当:後藤 光男 教授(早稲田大学 社会科学総合学術院)
題目:『無防備地区条例は平和的生存権を機能させる条例となるか否定されるべきかについての研究』〜「法令の先占理論」を媒介として

続きを読む

早稲田大学 社会科学部 ゼミナールⅠ「地方自治と行政」『分権改革』

2005.09.30(金)

箇所:早稲田大学 社会科学部専門科目
科目:ゼミナールⅠ《専門的学習への導入》
テーマ:「地方自治と行政」

関連科目:行政法(行政争訟法)、行政学
開講学期[単位数]:2005年度 通年[4単位]{履修定員15名}
担当:大久保 皓生 教授(中央学院大学 法学部)
テキスト:『地方分権下の地方自治』(公人社刊)第1部 Part One 制度の改革のうち、「分権改革」の章をレジュメ化したもの。
同章の分担執筆者は、本田 弘(日本大学名誉)教授。なお、本書は2002年4月に発行されたものであるため、一部の記述は今日からみると、時期的に古くなっているものもある。

続きを読む

早稲田大学 社会科学部「産業心理学」夏季課題リポート

2005.08.01(月)

箇所:早稲田大学 社会科学部専門科目 商学分野
科目:「産業心理学」
開講学期[単位数]:2005年度 通年[4単位]
担当:吉川 肇子 教授(慶應義塾大学 商学部)
 ピグマリオン効果、ノンバーバルコミュニケーション、認知的不協和理論等、現代人には必須の心理学における知見を再認識させてくれた、面白くて、ためになる講義でした。

続きを読む

早稲田大学 社会科学部「環境社会論」Ⅰ 読書リポート

2005.07.01(金)

箇所:早稲田大学 社会科学部専門科目 社会科学総合分野
科目:「環境社会論」Ⅰ
開講学期[単位数]:2005年度 前期[2単位]
担当:坪郷 實 教授(早稲田大学 社会科学総合学術院)
課題図書:寄本 勝美 教授(早稲田大学 政治経済学術院)『リサイクル社会への道』(岩波新書)の“要旨と論評”を3,000字以内にまとめる。

続きを読む

立教大学経済学部開設100周年記念奨学金(旧河西奨学金)

2005.05.01(日)

立教大学経済学部開設100周年記念奨学金(旧河西奨学金)
「学業計画書」(800字程度)
 経済の字義は、隋の学者王通がその著書『文中子』で使った経世済民にその淵源が辿ることができ、それによれば経済学とは”世を経め民を済う”学問であることとなる。

続きを読む

早稲田大学 社会科学部 ゼミナールⅠ「地方自治と行政」『新聞について』

2005.05.01(日)

箇所:早稲田大学 社会科学部専門科目
科目:ゼミナールⅠ《専門的学習への導入》
テーマ:「地方自治と行政」

関連科目:行政法(行政争訟法)、行政学
開講学期[単位数]:2005年度 通年[4単位]{履修定員15名}
担当:大久保 皓生 教授(中央学院大学 法学部)
テキスト:『基礎演習【1】テキスト』2005年度版 (中央学院大学法学部 発行)

続きを読む

『三度目は早稲田大学』

2005.04.01(金)

 2005年4月に、早稲田大学に学士入学しました。
 大学への通学は、落語家の活動と並行しての履修となるために、1998年度に夜間学部から、授業選択において柔軟性のある時間編成ができる「昼夜開講学部」へと移行した(2009年度からは「昼間部」へ移行)、社会科学部に学士入学したのです。

 ではいったい何を学ぶために、三度目の学生生活を、立教の文学部と経済学部に次いで、早稲田で送ることにしたのか。

続きを読む

早稲田大学 社会科学部 ゼミナールⅡ「地方自治と行政」『NPOとまちづくり』

2005.01.01(土)

箇所:早稲田大学 社会科学部専門科目
科目:ゼミナールⅡ《総合的学習への発展》
テーマ:「地方自治と行政」

関連科目:行政法(行政争訟法)、行政学
開講学期[単位数]:2005年度 通年[4単位]{履修定員17名}
担当:大久保 皓生 教授(中央学院大学 法学部)
本稿は、当ゼミナールⅡ・Ⅲの参考書、本田 弘・下條 美智彦編著『地方分権下の地方自治』(公人社、2002年)のうち、「NPOとまちづくり」の章をレジュメ化したもの
同章の分担執筆者は、田中 豊治 教授(佐賀大学 文化教育学部)

続きを読む