町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

大学での活動 記事一覧大学での活動

立教大学大学院 法学研究科政治学専攻「研究計画書」

2000.10.15(日)

立教大学大学院 法学研究科政治学専攻「研究計画書」
 なお、同研究科の2001年度入学試験を受験したところ、口頭試問において、試験官の教授より、2001年度はまだ立教大学経済学部に在学しているのだから、まず経済学部を卒業してから、あらためて受験し直しなさいと諌められ、法学研究科の受験は落第におわりました。

続きを読む

立教大学 経済学部「財政学」夏季レポート

2000.10.01(日)

機関:立教大学 経済学部専門教育科目
学科目:「財政学」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:池上 岳彦 教授(経済学部 経済政策学科)
課題図書:大島 通義・神野 直彦・金子 勝編著『日本が直面する財政問題』−財政社会学的アプローチの視点から−(八千代出版、1999年)
課題:財政に関連する書籍、雑誌論文などを選んで読み、それに対する感想・意見などを述べなさい。書籍に関しては、その一部を取り上げるかたちでもよい。
分量:1,500-3,000字

続きを読む

立教大学 経済学部「マーケティング論」課題リポート

2000.10.01(日)

機関:立教大学 経済学部専門教育科目
学科目:「マーケティング論」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:有馬 賢治 教授(経営学部 経営学科)
課題図書:門川 義彦(立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 兼任講師)『笑顔のチカラ』(みらい出版)

続きを読む

立教大学 法学部「行政学」夏季リポート

2000.09.30(土)

機関:立教大学 法学部専門教育科目
学科目:「行政学」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:新藤 宗幸 教授(立教大学法学部、2002年度より千葉大学法政経学部)
課題図書:新藤 宗幸『真の行政改革とは何か』(岩波書店、1997年)

続きを読む

立教大学学業奨励奨学金「学業計画」

2000.09.01(金)

2001年度 立教大学学業奨励奨学金願書「学業計画」
 制度上、履修した科目で合格点を取れば、経済学部を卒業できることにはなる。しかし、まだまだ、勉強したいことがあり、出来うるならば大学院への進学も視野に入れている。幸いにも立教大学大学院では来年度から「21世紀社会デザイン研究科」が開設されると聞いている。

続きを読む

立教大学 経済学部「経営管理論」夏季リポート

2000.08.01(火)

機関:立教大学 経済学部専門教育科目
学科目:「経営管理論」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:百田 義治 教授(駒澤大学 経済学部)
参考図書:深尾 光洋『コーポレート・ガバナンス入門』(筑摩書房、1999年)

続きを読む

立教大学 全学共通カリキュラム「聖書の思想と人間観」リポート

2000.07.15(土)

機関:立教大学 全学共通カリキュラム 総合教育科目
科目・タイトル:「聖書の思想と人間観」・聖書の世界への案内
開講学期[単位数]:2000年度 前期[2単位]
担当:佐藤 研 教授(立教大学大学院 キリスト教学研究科)
リポート課題:授業中に扱った聖書の箇所あるいはその他の聖書の箇所に具体的に言及しながら、聖書の中に現れる世界観・人間観が、現代の諸問題を我々が扱う時にいかに資するところがあるかを論ぜよ。資するところがないと判断するなら、その理由を論ぜよ。
リポート題目:「『創世記』天地創造物語における”良し”に関する一考察」

続きを読む

立教大学 経済学部「中国経済論」前期リポート

2000.07.15(土)

機関:立教大学 経済学部専門教育科目
学科目:「中国経済論」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:金山 権 教授(桜美林大学大学院 経営学研究科)

続きを読む

立教大学 法学部「日本人の戦争観」リポート

2000.07.12(水)

箇所:立教大学 法学部自主講座
学科目・テーマ:「法学部特別講義」・日本人の戦争観
開講学期[単位数]:2000年度 前期[2単位]
担当:佐々木 寛 教授(新潟国際情報大学 情報文化学部)
リポート題目:『戦争を絶滅させる法』

続きを読む

立教大学 経済学部 ゼミナール「現代地方財政の研究」

2000.04.30(日)

機関:立教大学 経済学部専門教育科目
学科目・テーマ:ゼミナール・「現代地方財政の研究」
開講学期[単位数]:2000年度 通年[4単位]
担当:野呂 昭朗 教授(経済学部 経済学科)
リポートテーマ:遠い昔のonly yesterday−人が幸せになるために preface1

続きを読む