町田市議会議員 会派「自由民主党」/(一社)落語協会 真打 三遊亭らん丈【公式ウェブサイト】

三遊亭 らん丈

慶應義塾大学【文学部】通信教育課程単位修得科目

2019.02.25(月)

文学部専門教育科目[単位数]⁑講義要綱
卒業所要:【68】単位⇒39単位修得

所属:第3類=国文学、中国文学、英米文学、独文学、仏文学の各専攻領域を中心として、文学や言語、文化を主要な対象とした研究を行っている。

卒業所要:通信授業(テキスト科目)⇒【40】単位
現在⇒13単位修得
*通信教育の学習は、テキストによる自宅での学習が主となります。
 通常、通信教育で科目を履修して単位を修得していく過程は、大学から送られる各科目のテキストを学習し、所定の課題に基づいてレポートを作成し、大学に提出します。そして、レポート提出科目の試験(科目試験)を受験し、レポート・試験の両方に合格することで1科目の単位を修得することができます。

卒業所要:面接授業(スクーリング)
学士入学;【15】単位以上30単位修得
必修外国語科目4単位専門教育科目26単位

<<<第1類>>>《哲学を主とする》

「社会学史Ⅰ」市販書テキスト那須 壽編『クロニクル社会学』人と理論の魅力を語る(有斐閣アルマ)
「社会学史Ⅱ」市販書テキスト徳永 恂・厚東 洋輔編『人間ウェーバー』人と政治と学問(有斐閣双書Gシリーズ)

  • 社会学史Ⅰ[2] 【通信授業】
  • 社会学史Ⅱ [2] 【通信授業】
  • 社会学(専門)[2]【面接授業】岡原 正幸 教授、高山 真 講師
  • 宗教学[2]【面接授業】正木 晃 講師

<<<第2類>>>《史学を主とする》

  • 日本史概説[2]【面接授業】柳田 利夫 教授

<<<第3類>>>《文学を主とする:所属する類》
必修科目:卒業所要【28】単位;現在⇒25単位修得

折口信夫は、慶應義塾大学の講義に、わが国(世界)で初めてとなる芸能史を開講した教授です
下記、通信授業の配本テキストと、面接授業のテキスト
  • 国語学[2]【通信授業】折口 信夫
  • 国語学[2]【面接授業】屋名池 誠 教授
  • 国語学各論[2]【面接授業】木村 義之〈日本語・日本文化教育センター〉教授
  • 国語学各論-さまざまな辞書たち-[1]【通信授業】関場 武
  • 国文学史[2]【面接授業】小川 剛生 教授
  • 近代日本文学[3]【通信授業】塩田 良平〔松村 友視 改訂〕
  • 国文学古典研究[2]【面接授業】田坂 憲二 教授
  • 英語史[2]【メディア授業(E-スクーリング)】堀田 隆一 教授
  • 日米比較文化論[2]【面接授業】加藤 有佳織 助教
  • ドイツ文学研究[2]【面接授業】川島 建太郎 教授
  • フランス文学概説[3]【通信授業】牛場 暁夫 ほか
  • イタリア文学[2]【面接授業】藤谷 道夫 教授
通信授業面接授業メディア授業各々のテキストです

卒業論文:卒業所要【8】単位

  • 卒業論文指導登録済

法学部専門教育科目》[単位数]

  • 政治思想論[2]【面接授業】高橋 義彦〈北海学園大学〉准教授
  • 日本政治史[2]【面接授業】玉井 清〈法学部〉教授

総合教育科目:卒業所要【48】単位
学士入学認定単位【40】単位《3分野科目》
認定単位【40必修外国語科目【8】
48単位修得

必修外国語科目:卒業所要【8】単位;英語を選択
通信授業【4】+面接授業【2】+放送授業【2】
8単位修得(下記の科目)

「英語Ⅱ」、「英語Ⅲ」【通信授業】の配本テキスト
「英語(リーディング)」【面接授業】のテキスト、Nancy坂本・坂本示洋『Polite Fictions in Collision, Why Japanese and Americans Seem Rude to Each Other-異文化との出会い・誤解・理解-』
「英語(ライティング)」【面接授業】のプリント教材

  • 英語Ⅱ 文法・作文、リスニング・スピーキング[2]【通信授業】松居 司、Sumire Carol Sugimoto、星 浩司
  • 英語Ⅲ[2]【通信授業】広本 勝也、浅井 静雄
  • 英語(リーディング)[1]【面接授業】多々良 直弘〈桜美林大学リベラルアーツ学群〉准教授{定員30名}
  • 英語(ライティング)[1]【面接授業】吉原 学〈東京経済大学〉特任講師{定員30名}
  • 放送英語(リーディング)[1]【放送授業】小町谷 尚子〈医学部〉准教授『英米短編集Ⅴ Breakfast and Other Stories
  • 放送英語(ライティング)[1]【放送授業】井上 逸兵 教授    井上逸兵著『パラグラフは英語プレゼンの基本』
「放送英語(リーディング&ライティング)」テキスト